ホーム  IC目線でいろいろブログ  2006年1月

  • メディア掲載
  • インテリアコーディネーター目線でいろいろブログ ~楽しい暮らしをインテリアから~
New Title
パネルカーテンで暖房効率アップへ
新築プロジェクト[2] ハウスメーカーさん取扱い商品を研究
新築プロジェクト[1] コンサルティングの新しいかたち
Sealyの新商品発表会
ホテルのように暮らすインテリア サイトリニューアルオープンしました。
Category
DIYレッスン [1]
le bain(ル・ベイン) [17]
インフォメーション [7]
キッチンのデザインと設備 [26]
コーディネーターのお仕事と交流 [50]
リフォーム設計・インテリアコーディネート [46]
収納家具・収納アイデア [21]
家具・造作家具 [25]
旅・食事・癒し・遊び・趣味など [28]
気になるあれこれ [31]
水まわりのデザインと設備 [57]
照明・アクセサリー・グリーンなど [17]
窓まわり・ファブリックス [23]
素材・建材・カラー [22]
街で気になるインテリア・建築・デザイン [14]
Archive
2013年2月 [2]
2013年1月 [1]
2012年12月 [1]
2012年11月 [1]
2012年10月 [3]
2012年7月 [2]
2012年6月 [1]
2012年5月 [1]
2012年2月 [1]
2012年1月 [4]
2011年6月 [1]
2011年5月 [1]
2010年11月 [2]
2010年10月 [3]
2010年9月 [3]
2010年7月 [2]
2010年6月 [7]
2010年5月 [5]
2010年4月 [3]
2010年3月 [1]
2010年2月 [4]
2010年1月 [3]
2009年11月 [3]
2009年10月 [13]
2009年9月 [4]
2009年8月 [7]
2009年7月 [4]
2009年6月 [10]
2009年5月 [9]
2009年4月 [3]
2009年3月 [6]
2009年2月 [14]
2009年1月 [14]
2008年9月 [6]
2008年8月 [7]
2008年7月 [6]
2008年6月 [4]
2008年5月 [4]
2008年4月 [18]
2008年3月 [15]
2008年2月 [6]
2008年1月 [6]
2007年12月 [4]
2007年11月 [1]
2007年10月 [5]
2007年9月 [10]
2007年4月 [3]
2007年3月 [5]
2007年2月 [5]
2007年1月 [4]
2006年11月 [3]
2006年10月 [9]
2006年9月 [6]
2006年8月 [6]
2006年7月 [6]
2006年6月 [4]
2006年5月 [6]
2006年4月 [6]
2006年3月 [5]
2006年2月 [9]
2006年1月 [13]
2005年12月 [10]

インテリアコーディネーター目線でいろいろブログ ~楽しい暮らしをインテリアから~

2006年1月のブログ記事一覧

2006年1月30日

現場、その後。

先日のお風呂の防水、無事に完了です。壁側に立ち上げ、排水溝の根元まで防水膜を作るかんじ。鉄筋コンクリート造とはいえ、タイル貼りのお風呂の下はこんなかんじになっています。

この工事が先週行われ、今日は無事にタイル貼りが完成。

トイレは部屋を広げて便座の向きを変え、トイレに入りやすく、介助する人が横に立てるスペースを設けます。手摺の位置なども細かく決めなければ、区から申請の許可が出ません。

そんなこんなで、現場もあと少し。今週中には完成です。

カテゴリー: リフォーム設計・インテリアコーディネート

2006年1月27日

伝統工芸のコラボレーション

今日は、お付き合いのある建具屋さんのお誘いで、江戸川区で開催されている、
「えどがわ伝統工芸産学公プロジェクト2005」に行ってきました。

このプロジェクト、江戸川区と区内伝統工芸者が、美大生たちと一緒に、
その斬新なアイデアとデザインで、これからのニーズに合う製品を形にしよう、という企画。

現役の学生さんの新しいアイデアと、確かな技術を持った職人さんたちとの
コラボレーションで、今日は久々に感動をわけてもらいました。

木工、組子、漆、刺繍、染色、江戸扇子、江戸風鈴などなど。
そこには新しい和の文化があり、現代の住宅にも馴染めるものがいくつか。

多摩美の学生さん達とお話する機会があり、とても刺激を受けました。
今回は、和紙の柔らかい光を上手に利用した障子の引き戸と、本物の組子を薄くスライスした
組子ペーパーの新しい可能性を見出した作品を考えたそうです。

和室がなくなりつつある住まいに、これまでと違った「和」を上手に取り入れるのも
また新しいインテリアスタイルかもしれません。

  

「えどがわ伝統工芸産学公プロジェクト」新製品発表会
日時: 1月27日(金)〜29日(日) 9時〜17時
会場: タワーホール船堀 1階 「展示ホール」
     東京都江戸川区船堀4-1-1 都営新宿線船堀駅 徒歩1分
入場: 無料



カテゴリー: 街で気になるインテリア・建築・デザイン

2006年1月25日

フロアスタンドで雰囲気を変える

電車から見えるマンションの数々の部屋の明かり。
蛍光灯の家は白っぽく、白熱灯の家はオレンジ色に輝いています。
私は、白熱灯の優しい明かりが好きです。
シーリングライトで蛍光灯のときは、絶対「電球色」を選ぶほど。こだわりかも・・・

そこで、自宅は大きなフロアスタンドを利用して、間接照明で暮らしています。天井にペタッとはり付いている蛍光灯は存在するけれど使っていません。これ、意外と明るいんです。

仕事でいろいろなメーカーの照明器具を選びますが、なぜか気に入ったのは、東急ハンズで売ってたもの。クネクネした形に一目惚れ・・・そしてお手頃価格。

壁付けのブラケットライトは、間接的に優しい光でお部屋を演出してくれますが、
先に配線が必要になってくるので、難しいですよね。
新築の時から照明プランニングをするか、リフォームの時に配線するか。。

でも、現状のお部屋でこういったスタンドを利用すると、少し雰囲気が変わるかもしれません。
メインでフロアスタンド、サブ的にテーブルの上に小さいスタンド。
写真のような器具全体が光るものだと明るいので、お薦めです。
ご存知の通り、スタンド照明はコンセントにさすだけなので簡単です。
そこに、キャンドルなどをプラスすれば、なんだかヨーロッパのおうちのような、ホテルのような・・・今までと違った、落ち着いた空間が生まれます。

カテゴリー: 照明・アクセサリー・グリーンなど

2006年1月24日

地震の備えは・・・

最近、防災グッズをよく見かけるようになりました。
無印良品でも防災セットが売っています。
あとは、手で回せば充電ができて、ラジオ・ライト・携帯充電までできちゃう、
何て言いましたっけ?

お正月番組で細木数子さんが言ってたのは、タオル&ビニル袋を重ねたスリッパの中に
つめつめして、枕元に置いておきなさい、と・・・ガレキの中を歩くのにスリッパが役立ち、
煙の中を歩くのに、顔を透明のビニル袋(スーパーの袋ではダメらしい)に突っ込んで、
タオルは何かと役に立つ、だそうです。でも本当に地震が起こったときは、とっさにそれを
取りにいけるか不安。だって、地震が来る時に寝ているとは限りません。

ミネラルウォーターは日頃から持っているといいようですね。
家に常備も必要だけど、500mlのペットボトルを持ち歩く。

あとは、鍋に使うカセットコンロは使えそうな気がします。
というか、学生の時、賃貸のミニキッチンについている電気コンロが料理するのに
役に立たず、カセットコンロで普通に料理していましたから。

あとは、レトルト&保存食があれば・・・

カテゴリー: 気になるあれこれ

2006年1月23日

節約&気楽♪

ユニットバスの追加オプションはいろいろあるけれど、結構地味な、
しかし奥様には嬉しいアイテム。その名も、「洗濯用ふろ水利用システム」。

トステム/プレシオシリーズ


なにかというと、お風呂のお湯を洗濯機に利用するシステム。
でも昔からありましたよね、これ。ホースを浴槽に突っ込んで、洗濯機までのばして使うやつ。
しかし、システムというからにはもうちょっとスマートなようですよ。
足を引っ掛けそうなホースを床下に配管してしまうので、毎朝この長〜いホースをセットする
必要がないんです。洗濯機に直接浴槽からホースをつなげ、あとは洗濯機を操作するだけ。
気楽に水の節約ができて、奥様は大助かり!?

ユニットバスの取替えをご検討中の方、新築でユニットバスをこれから設置する方、
是非こちらも検討してみてください。
ちなみに、TOTOさんは「洗濯用お湯取りシステム」の名で追加オプションがあります。

カテゴリー: 水まわりのデザインと設備

2006年1月21日

何でもありの賃貸マンション

今日は、賃貸のお部屋を探している方に付き添いで物件を見てきました。
いわゆる"内見"の同行。ここは使いやすいよ、この間取りはここにベッドを置いて・・・など、
生活のシュミレーションをちょっとだけアドバイスしてきました。

特に女性は、新築、デザイナーズ、ピカピカの内装で舞い上がりがちですが、
そこは冷静に考えて、物件を選んでほしいと思います。

玄関を入って廊下にキッチン、向かい側にトイレ・バスルーム。つきあたりに縦長の部屋。
そして、一番奥がバルコニー。ワンルームや1Kタイプに多い間取りですが、この間取り、
ベッドをその部屋の縦方向と同じく縦に置いた場合、どうしても生活するスペース
(=いつもいる場所)が狭くなってしまいます。
個人的には、メインの部屋は、扉を開けたら横長という間取りが好きですね。
ベッドも短い方の壁に寄せて置けば、残りのスペースを広く使えます。(ワンルームの場合)

賃貸の物件は、時々面白いものに出会えます。今日出会ったものは・・・

玄関開けたら洗面台!?このお部屋、バス・トイレ別で浴室換気乾燥機付、洗濯機置き場は室内、キッチンは1200mmあって2口のIHコンロ。申し分ないのですが、そこは賃貸マンション。通路に洗面台・・・あるにこしたことないけれど。まぁ、そのうち慣れるかな、と寛大な結論。

ユニットバスに申し訳なさそうについてる洗面スペースも使いづらそうだから、まだマシなのかな。だって、バスルームの床が乾いてなかったときは、お風呂用のスリッパ履いて歯を磨かなければならないですよね。そう考えると、一人暮らしならこれは許容範囲か。


キッチンの水栓金具が、たか〜い所についている・・・すごい水はねしそう。どうして、タイルの壁部分から出さなかったのか。。

カテゴリー: コーディネーターのお仕事と交流

2006年1月20日

現場に乗り込み。

今日からリフォームの現場がスタート。
今回は、ご高齢のお母様のための住環境の整備です。
うちのスタッフがケアマネージャーさんと打合せをし、区から福祉の住宅改修費の助成を
受ける手続きを取り、進めています。
ライフスタイルにあわせたリフォームとは、年齢とともに変化する生活のしやすさを
見直し、住まいをそこに暮らす人にあわせるもの。

さてさて、工事が始まる初日はいつも気を引き締めて現場に乗り込みます。
それまでの長かった打合せの内容が、いよいよ形になるとき。テンションがあがります!
担当のスタッフのお手伝いで、いつものウィンドブレーカーに皮手袋で戦闘態勢(と職人に呼ばれている)に。解体現場はすごいホコリ・・・マスクを忘れた。。
今日は解体が無事終わり、ゴミ出しをみんなでやって終了。そして、解体後の現場でこれからの方針を職人さんたちと再確認のため打合せ。


リフォームはあけてみないとわからないことがたくさんあります。今日も出ました・・・
浴槽を介護用として、またぎが低いものに取り替えるため撤去したら、壁の防水が少ししか立ち上がっていません。ユニットバスと違って、在来(タイルばりなど)のお風呂は、水が階下に漏れないように床と、壁も床からの立ち上がりを防水工事しなくてはなりません。当然してあるはずが、あれあれ?このままじゃ良くないぞ。。ということで、大工さん、設備屋さんを交えて狭いお風呂でミーティング。お客様にきちんと事情と、今後予測される可能性の説明をし、確かに見積にはなかった追加出費ですが、発見したときに処置できればまた長く使える、そのことを理解していただきました。

現場ではいろいろと出てきますが、"職人さんたちも私たちもみんなで一緒に考える"。
それが「いいものを作ろう!」と現場の士気が高まり、よいチームワークで仕事が進められます。
当然お客様にも見てもらい、参加してもらいます。ちゃんと目で見てもらうことが大切!

カテゴリー: リフォーム設計・インテリアコーディネート

2006年1月18日

新築マンションのカーテン選び〜オプション販売会

年が明け、これから春に向けて、新築マンションの引渡しラッシュですね。
新しい家に期待で胸をいっぱいにし、どんな暮らしが待っているか、楽しみな頃だと思います。

ところで皆さんご存知の「オプション販売会」なるもの。マンションで開催される、
カーテン、照明器具、エアコンやバルコニー商品などの新居の付属品を購入できるもの。

この「オプション販売会」、便利なもの?それとも、もっとあれこれ選びたい??

以前、派遣のインテリアコーディネーターとして、この「オプション販売会」に潜入したことが
あります。入居者の皆様が会場に吊るしてあるカーテンを見て
選ぶのをお手伝いするお仕事。
でも、選べるのは1ブランドだけ。この中から選べば楽だけど、でもどうしよう・・・
そんなお客様が結構いらっしゃいました。

その時はお仕事ですから、その場でできる限りのアドバイスを差し上げましたが、
本音は、「でもお部屋を見ていない・・・床の色は?クロスは?お持ちの家具は??」
要するに、カーテン選びは住まいの"色"や、家具とのバランスを考えるのが重要。
間取り図面だけでは、満足いくカーテン選びはできません。
潜入のお仕事は心痛かった・・・だってうちは現場主義!

せっかくのオーダーカーテンなのだから、もっと色々な種類から、予算に合わせて選んで
いただきたいのです。だって、そのオーダーカーテン何年使いますか?


家の購入費から比べると、カーテンや照明器具などの付属品はほんの一握りの
出費ですが、でも、毎日使って目にするもの、それに数年間は一緒に暮らすものです。
おまけに新居購入なんて、そう何度もある訳ではない。
このあたり『こだわり』があってもいいのではないでしょうか。

もっとインテリアコーディネーターを利用しちゃって下さい。
個人の方も含めて、身近にカーテンのアドバイスや販売をするプロの方が
たくさんいらっしゃるのですが、お客様にはなかなかわかりづらいようです。

そこで、弊社では無料コンサルティングを受付中です。
直接インテリアコーディネーターに相談できる機会を是非ご利用下さい

カテゴリー: 窓まわり・ファブリックス

2006年1月12日

中古か新築か。

友人達のマイホームの相談を受けるようになりました。
やはりみんな、賃貸で家賃を払い続けるのなら、早くからローンを組んで
マイホームを購入したい、という意見が多いですね。
リバーサイドの新築マンションだったり、掘り出し物の中古戸建や、
結婚して子供も産まれたので、実家を二世帯住宅に建て替えるなんて友人も。

自分だったらどうだろう・・・と考えます。
夜景好きなのでタワーマンションに憧れたり、レインボーブリッジが見える
海の近くのマンションとか。。
新築マンションは、外観やエントランスホールのデザイン性が年々よくなっていて、
それにひかれるところはあります。
しかし、部屋は好きなように自分で作りたい!と思ってしまいます。

そう考えると、中古マンションかな。そして、スケルトンにしてから自分好みに家づくり!
考えただけでワクワクします。きっと、仕事でかける時間の3倍はかかりそう・・・
一番わがままな客になりそうです。

中古の良いところは、建物やその物件の状態など、現状を知ることができます。
構造偽造が発覚した今、買う人も建物を調べてから購入できるシステムが必要です。
あとは、管理組合の体制や修繕工事の対応など、住む環境を先に知ることができます。

スケルトン・リフォームは、物件のバルコニーと窓の位置が重要。
内部を全部壊してから、自分の生活に合う間取りを作りたい訳ですから、
手がつけられない共有部分のバルコニーと、その方角が結構大切です。

中古マンションのチラシが入ってくると、スケルトン・リフォームのシュミレーションを
頭の中で考え始めます。
理想的な形は、南側にバルコニーが長くて、横長に空間がとれる物件。
そうすると、広いLDKでもよし。その隅っこにバスルームなんてあったら最高です。
(配管の関係で既存位置近辺から移動できない場合もある)
マンションでも、バルコニーに面してお風呂に入りたい。(夢)

私のこだわりのマイホームはいつになるのやら・・・

カテゴリー: リフォーム設計・インテリアコーディネート

2006年1月10日

ペットも収納??

プランニングをしている最中に目が留まった収納。
それは、Nationalの「ねこワンぱくハウス」で、"ペットハウス収納"と書いてあります。
猫と、ワンで犬とかけているのでしょうね。

柵がついたペットハウスと収納をドッキングした商品ですが、それにしてもなんだか可愛いペットを"収納しちゃう!!"って、複雑な気分・・・私自身はペットを飼ってはいませんが、愛犬家・愛猫家(といいましたっけ)の皆様はどういうご意見なのでしょうか?

でも、消臭シートは標準装備。ペットハウス内は、耐水・耐傷仕上げ。一応、機能的みたいですが。
上部のキャビネットは色を選べて、インテリアとコーディネートできるという特徴。

ここまできたか、という感じです。。
他にも、『ねこワンぱくシリーズ』があります。

ちなみに、今プランニング中の物件にはペットがいません。
ちょっと、寄り道でした。。

カテゴリー: 収納家具・収納アイデア

2006年1月 6日

食器の収納

どのお宅でも、奥様の悩みは食器の収納場所。そして、キッチンの吊戸棚や食器棚の上部が届かないので不便だということ。特に奥に入っている食器を取り出すのはひと苦労です。

目線で収納できる食器棚は便利ですが、重なった食器を取り出すのに手を伸ばさなければならないのは結構大変。一番下の食器や奥にある食器を出すのに、重たいお皿の山をどこかに一時避難させるのに腕がプルプルいったりします。

これは便利!と思うのは、食器を引出しに収納すること。重なったお皿も、自分の肘下の位置で持ち上げるのは、上に手を伸ばして持つより楽です。それと奥まで見えるのが便利。写真は、輸入システムキッチンALNO社のもの。キッチンカウンターの引出しに食器を収納するプランを考えてみてはいかがでしょうか。


あとは、収納という意味と少し違うかもしれませんが、キッチンの食器洗乾燥機を普段使いの食器の置き場所と考える。よく使うし、洗う頻度も多い。だとすれば、食洗機で洗って乾燥したら、そのままにしておく。そして、次の食事の際に取り出し、また洗う。実はこのアイデア、クライアントの奥様に教わった秘策。ご家庭によって使い勝手って様々ですが、その中にいろいろなアイデアがあって面白いです。



カテゴリー: キッチンのデザインと設備

2006年1月 5日

住まいも健康診断を。

このところの気候は空気が乾燥し、火の元には注意しなければなりません。
お正月にも火事の事故で集まった家族の幼い命が亡くなっています。
新しい年を迎えたばかりなのにとても胸が痛みます。
出火原因を警察が詳しく調べているようですが、配電盤付近が激しく燃えていた・・・という報道。

古い木造家屋のリフォームを依頼されるとき、屋根裏を見て驚くことがあります。
昔の配線は屋根裏の主のねずみに噛まれていたり、部分的に溶けていたり、
そして綿ホコリが舞って今にも漏電→引火しそうな状況。
生活していて不便なく電気が使えれば、気づかずにいることが多いのです。

人間の体は健康診断が必要です。それと同じ、家も定期的な健康診断が
必要ではないでしょうか。家の設備も経年劣化は発生します。
人生の大きな買い物に長く住むには、メンテナンスを忘れずに。

カテゴリー: 気になるあれこれ

2006年1月 4日

家でゴロゴロには和室でしょうか・・・

新年、あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い致します。

弊社は本日が仕事初めです。
私は久々に実家でお正月を過ごし、家族みんなで朝から食べて飲んで寝て・・・
なんて幸せなゴロゴロ生活。そのせいで体が重くなってしまったのですが。。

最近、間取りに「和室」が消えつつある傾向ですが、やっぱり「ちょっと横になって・・・」ができるのは和室ですよね。このお正月は、家族みんなが和室に集まり、ゴロゴロしていました。フローリングの床の上では、しっくりいかないものです。食事の時はダイニングテーブルでも、床に座る心地良さはやめられないのかもしれません。

カテゴリー: 気になるあれこれ