ホーム  IC目線でいろいろブログ  2006年2月

  • メディア掲載
  • インテリアコーディネーター目線でいろいろブログ ~楽しい暮らしをインテリアから~
New Title
カラーファブリックをお部屋のアクセントに!
カーテンが短いときは生地を足してデザインもリニューアル!
洗面まわりのプチ・リフォームです。
細かいところに気を配ったバレエスタジオづくり
コンパクトなマンションでもLDスペースを快適にする!
Category
le bain(ル・ベイン) [17]
インフォメーション [4]
キッチンのデザインと設備 [23]
コーディネーターのお仕事と交流 [48]
リフォーム設計・インテリアコーディネート [43]
収納家具・収納アイデア [18]
家具・造作家具 [19]
旅・食事・癒し・遊び・趣味など [28]
気になるあれこれ [31]
水まわりのデザインと設備 [55]
照明・アクセサリー・グリーンなど [15]
窓まわり・ファブリックス [20]
素材・建材・カラー [19]
街で気になるインテリア・建築・デザイン [14]
Archive
2012年2月 [1]
2012年1月 [4]
2011年6月 [1]
2011年5月 [1]
2010年11月 [2]
2010年10月 [3]
2010年9月 [3]
2010年7月 [2]
2010年6月 [7]
2010年5月 [5]
2010年4月 [3]
2010年3月 [1]
2010年2月 [4]
2010年1月 [3]
2009年11月 [3]
2009年10月 [13]
2009年9月 [4]
2009年8月 [7]
2009年7月 [4]
2009年6月 [10]
2009年5月 [9]
2009年4月 [3]
2009年3月 [6]
2009年2月 [14]
2009年1月 [14]
2008年9月 [6]
2008年8月 [7]
2008年7月 [6]
2008年6月 [4]
2008年5月 [4]
2008年4月 [18]
2008年3月 [15]
2008年2月 [6]
2008年1月 [6]
2007年12月 [4]
2007年11月 [1]
2007年10月 [5]
2007年9月 [10]
2007年4月 [3]
2007年3月 [5]
2007年2月 [5]
2007年1月 [4]
2006年11月 [3]
2006年10月 [9]
2006年9月 [6]
2006年8月 [6]
2006年7月 [6]
2006年6月 [4]
2006年5月 [6]
2006年4月 [6]
2006年3月 [5]
2006年2月 [9]
2006年1月 [13]
2005年12月 [10]

インテリアコーディネーター目線でいろいろブログ ~楽しい暮らしをインテリアから~

2006年2月のブログ記事一覧

2006年2月23日

続・ヒルズへ。

昨日行ってきました。噂の表参道ヒルズ!

ショッピングをするわけでもなく、あのぐるぐるスロープを、
仕事仲間と話をしながら、上から下まで降りていった。以上です。。
あ、途中Japaneseバールともいうべき、シャンパンみたいな
発泡の日本酒を、スタンディングカウンターでいただきました。

でも、各ショップがスロープ沿いに並んでいてわかりやすいですね。
その辺は、六本木ヒルズより良かったです。

ただスロープ沿いにあるので、ショップの入口に必ず段差が発生してます。
そこを上手に処理しているショップもあれば、「足元注意!」なんて、
きっちり注意書きしているショップもあったりして・・・

新しいお店の商品を見るのではなく、そんなところばかり気になるのでした。
(ターコイズブルーのタイルの床が綺麗なショップもあったなぁ。何のお店か忘れましたが・・・)

カテゴリー: 旅・食事・癒し・遊び・趣味など

2006年2月22日

話題のヒルズへ。

辛酸なめ子さんがオープンに先駆けて『表参道ヒルズ』に行ったというブログを先日読みました。

 スロープは長いのでジョギングやウォーキングコースとしても良さそうです。
 しかし吹き抜けとは贅沢です。その部分に店を建てればテナント料が増えるのに...

その発想に思わず拍手!で、いつか行こう・・・と思いました。

だいたい、新しくオープンするビルやショップは、人の混雑のほとぼりがさめてから行くたちで・・・

スマッチ編集部の河内さんも、動画でヒルズの中継してます。『表参道ヒルズに行ってみた。』
私が前回通りかかったときは、エントランスの天井のダウンライトが吊り上っていく最中でした。

ブロガーさんの影響もあってか、噂の"表参道ヒルズ"、これから行ってきます。
一応、その建築と空間デザインを勉強に!?

内部はどうなのでしょう。楽しみです。
城東エリアエージェントさん、私も六本木ヒルズは未だに把握できていません・・・



カテゴリー: 旅・食事・癒し・遊び・趣味など

2006年2月17日

あなたは洗面台で髪を洗いますか?

「田舎に家をたててみた」の井上さんのご自宅の洗面台は、なんとカスタマイズ!
『洗面台もカスタマイズ』

なんともコンパクト、かつ不用なものを排除したこだわりのスペース。
味があります。

そのなかで、「洗面所でシャンプーなんてしないし・・・」とありました。
私も同じです。実家のシャンプードレッサー、おそらく1〜2回くらいしか
使ったことありません。

だって結局、肘まで濡れてしまうし、まわりに水は飛び散るし、
え〜いッ、スパッと服脱いで、ザァーッとシャワー浴びて、ちゃっちゃっと拭いたほうが、
トータルに考えると効率が良いのでは??との自論。

あなたは、洗面台で髪を洗いますか?
本気でシャンプーする?
それとも、朝のヘアメイク用に髪を濡らす程度??
すごく、興味があります!!!

そのあたり、洗面化粧台の商品戦略としてどうなのか、
メーカーさんともお話させていただいたことがありますが、
このシャワー水栓がシュルシュルーっと伸びて洗髪できる洗面台、
というのが逆に消費者の固定観念(そこまで定着したのはメーカーにとっては
喜ばしいことだが)になってしまい、洗面パーツのデザイン性+洗面スペースの
空間提案がとても難しいようです。

カテゴリー: 水まわりのデザインと設備

2006年2月15日

住まいの"慣れ"

お客様とのリフォームの打合せで盛り上がった話題。

それは、キッチンの"シンクとレンジの位置関係"。

今お使いのキッチンは、どちらが右側?どちらが左側?背中合わせという場合もありますが。

毎日使うキッチン。特に奥様は知らず知らずのうちに、慣れというか癖というか、
このシンクとレンジの位置関係を体が覚えてしまっているようです。

引越した時、キッチンをリフォームした時、この位置関係が今までと逆で、
なにか違和感を感じたことありませんか?

ちなみに今回の奥様は、左側にシンクで右側にレンジ。
長年これでやってきたので、新しいキッチンも同じ配置で落ち着きました。

カテゴリー: キッチンのデザインと設備

2006年2月13日

インテリアコーディネーターとして願うこと。

週末、大手ハウスメーカーに二世帯住宅の建築を依頼しているお客様の
中間施主検査に立ちあってきました。引渡しが3月下旬で、工事も大詰めです。

今回、このお客様とのご縁は、一般的なインテリアのご相談がきっかけ。
簡単に言うと、決めることが多すぎて、どうしていいかわからない・・・から始まりました。

家づくりは、普段気にしないような住まいのあらゆるところを、悩んで考えて決めていく作業です。
あまりに決めることが多すぎて、「楽しい!」というより、「大変・疲れる・・・」が先みたいです。

商品選びは、ハウスメーカー専用のカタログ(ユニットバスも洗面台もキッチンも建具も)を
見て、基本的に「この中から選んでくださいッ」と言われ、わからないから
「じゃぁ、この中でマシなもの」と決めていたようです。

("マシ"って嫌だなぁ。。何万、何十万も払うのに・・・)

ちなみに今回は、注文住宅です。

でも本音は、なんだかもっとカッコイイものにしたいし、でもどうしたらいいかわからない。
"注文"なのに、自由な家づくりができない・・・

さぁ、インテリアコーディネーターの出番です!
お客様がイメージする、その"カッコイイ"をキャッチして、こういう商品もあるんですよ〜〜
とご紹介。

すると、「同じくらいの金額で、素敵なものもあるのですね!」と、家族の皆さんの目が輝きましたぁ!
今回は、トイレの手洗器と、洗面化粧台、タオルリングやペーパーホルダーなど、
ハウスメーカーさんで選ぶ商品と、そんなに変わらないお値段で、ちょっとだけ
デザインが素敵な商品を御購入いただきました。

だって、設備品も一度つけたら、何十年も使うものですよね。
どうせお金を払うなら、カッコイイものがいいに決まってる。

これらの商品たちは、施主支給という形で現場に納まりました。

たくさんの魅力的な商品情報をお客様にお伝えすれば、その中から自分にあった物を
自由に選ぶことができるはず。
これからの住まいづくりは、こうあってほしいと強く願います。

【参考】水廻りのアクセサリーもいろいろあります。
ちょっとだけ、ご紹介。「アクセサリーもお洒落に。

カテゴリー: コーディネーターのお仕事と交流

2006年2月 9日

駐輪場も有料!!

はじめての体験でした・・・駐輪場が有料だなんて。

今の事務所は新宿で、この辺りの駐車場は3万円から4万円台と、
風呂なし・共同トイレの○○荘、みたいなところに住めそうな家賃と同じくらいの賃料。

それはわかります。ちょっと歩けば、新宿駅まで楽勝な土地は、
車もしっかり家賃を取られるようです。

だけどですよ!自転車もお金を取られるとは、千葉県出身の私はビックリでした。
駐輪場は、当たり前のようにマンションの付属であって、
部屋ごとに場所は決められていましたが、お金を取られたことはありません。

事務所があるマンションは、月額1000円(入居当時)。
これは、妥当な金額なんですか?誰か教えて下さい。

今では、折りたたみ自転車を楽天で購入し、事務所の玄関に置いたりして、
迷惑をかけちゃっています。

カテゴリー: 気になるあれこれ

2006年2月 7日

技術料は高いか安いか。

昨日の「デザイン費はどこへ?」にハッサクさんからコメントいただきました。

あ〜、私もまったく同じ感想を持っていました。>デザイン費は別

リフォーム予算の800万円に収まった!という回でも、
ほとんど建て替えぐらいの勢いでリフォームしていることもあって、
かなりお得感満載ですよね。

風のウワサで、総建築費の10%ぐらいなんてことを
聞いたこともあるのですが、あれだけの仕事をやって
のけるんだから、やっぱりもっとかかるのでしょうか。
気になります。


設計費・デザイン費は、地域やその設計者、総工費の金額によりますが、
およそ10%前後になっているようです。
「ビフォーアフター」でも、"工事費の10%〜20%前後のケースが多いようです"と、
一応「よくあるご質問」コーナーに明記しています。

800万円のリフォームだったら、10%なら単純計算して80万円。
でも、それには技術料や図面・プレゼン・模型作成費
(=プランを形にしてお客様に納得いただく手段)、新築なら建築申請代行料など、
工事に至るまでと、完成するまでの作業料と人件費です。

設計者は、設計業務と、工事がきちんと進んでいるかどうか、
第三者の立場で設計監理します。ソフト面ですね。

実際、他に工事にかかる現場管理費(=人件費)がかかります。
各職人さんをまとめ、工事の手配をとり、実際におさめていく作業を
管理運営する業務です。ハード面ですね。

依頼するところによって、このハードとソフトの業務を兼ね、
経費を抑えているところもあります。

なので、「ビフォーアフター」は、できがりの見た目と金額のギャップが
大きくて、びっくりです・・・

カテゴリー: コーディネーターのお仕事と交流

2006年2月 6日

デザイン費はどこへ?

「田舎に家をたててみた」の井上さんが、『大改造!! 劇的ビフォーアフター』を
よくご覧になっているとか。
今日の記事、「やっぱりあの番組でしょ」でその面白さを語っていらっしゃいます。

あの番組で、世の中に"リフォーム"というものが浸透した気がします。
何かしら家に悩みがあって、それを解決したらどんなに毎日がhappyになるか。

少なからず、日本の『住』への関心が変わった、影響力のある番組です。

しかし、その影響力が時々困ったことを引き起こします。
それは、番組の最後に流れる「今回も予算内におさまりました〜(デザイン費は別)」

お客様は、あの大・解体⇒家中ピカピカが、表示される金額でできてしまうと思う訳です。
その、デザイン費は含まれておりません、に気づいている方が少ないように思います。

元々、目に見えないサービスにお金を払う習慣が低い日本社会。
番組のリフォームも、相当な知恵とアイデアを注ぎ込んでできた代物です。

それらも全部含めて予算内におさまるなら、お見事!なのですが。

現場では、その見えない経費から削られていくのです・・・(泣)


カテゴリー: コーディネーターのお仕事と交流

2006年2月 3日

近所の必需品

家探しは、住まいそのものもそうですが、立地条件や駅からどれくらいかかるかとか、
人それぞれ選ぶポイントは違います。

先日友人と話していて、熱く語る自分に気づきました。
それは、家の近所にほしいもの。

スーパーとドラッグストア、あと美味しいパン屋さん。
う〜ん、とっても庶民的・・・

最近のスーパーは24時間営業とかあったりして、コンビニと変わりません。
遅い帰宅のときでも、明日の朝食を買いにスーパーに立ち寄り可能。
それにコンビニだと、アルコールを置いてない店舗もたまにあります。
(帰って"ビール♪"となる確立が高い)

以前住んでいた家の近所にあるスーパーの目の前にあったファミリーマートはつぶれました。
きっと、コンビニの便利な役目を果たしきれなかったのでしょう。
だって、スーパーのほうが品揃え豊富だし。夜中も開いてるし。

あとは、生活必需品が買えるドラッグストア。

マツモトキヨシって、今では誰もが知っているドラッグストアになりましたが、
千葉県出身の私は、小さい頃から商店街にある「薬屋&雑貨化粧品屋さん」で、
慣れ親しんでいたのが、あれよあれよと全国展開するお店になっちゃって・・・

店名がフルネーム(創業者の松本清さん)っていうのも昔から珍しかったし、
今ではビビッドな黄色のイメージカラーだけれど、昔は白・青・赤で、
あれは鳩(?)が3羽くらい並んでいるマークで。。

ちょっと、話がそれました。
日々の雑貨を買うにはやっぱりドラッグストアは便利です。

パン屋さんは、ただパン好きなので・・・
美味しいパンがあれば幸せです。パリのバケットが懐かしい・・・

 

2005年秋Parisにて

カテゴリー: 気になるあれこれ