ホーム  IC目線でいろいろブログ  2006年10月

  • メディア掲載
  • インテリアコーディネーター目線でいろいろブログ ~楽しい暮らしをインテリアから~
New Title
パネルカーテンで暖房効率アップへ
新築プロジェクト[2] ハウスメーカーさん取扱い商品を研究
新築プロジェクト[1] コンサルティングの新しいかたち
Sealyの新商品発表会
ホテルのように暮らすインテリア サイトリニューアルオープンしました。
Category
DIYレッスン [1]
le bain(ル・ベイン) [17]
インフォメーション [7]
キッチンのデザインと設備 [26]
コーディネーターのお仕事と交流 [50]
リフォーム設計・インテリアコーディネート [46]
収納家具・収納アイデア [21]
家具・造作家具 [25]
旅・食事・癒し・遊び・趣味など [28]
気になるあれこれ [31]
水まわりのデザインと設備 [57]
照明・アクセサリー・グリーンなど [17]
窓まわり・ファブリックス [23]
素材・建材・カラー [22]
街で気になるインテリア・建築・デザイン [14]
Archive
2013年2月 [2]
2013年1月 [1]
2012年12月 [1]
2012年11月 [1]
2012年10月 [3]
2012年7月 [2]
2012年6月 [1]
2012年5月 [1]
2012年2月 [1]
2012年1月 [4]
2011年6月 [1]
2011年5月 [1]
2010年11月 [2]
2010年10月 [3]
2010年9月 [3]
2010年7月 [2]
2010年6月 [7]
2010年5月 [5]
2010年4月 [3]
2010年3月 [1]
2010年2月 [4]
2010年1月 [3]
2009年11月 [3]
2009年10月 [13]
2009年9月 [4]
2009年8月 [7]
2009年7月 [4]
2009年6月 [10]
2009年5月 [9]
2009年4月 [3]
2009年3月 [6]
2009年2月 [14]
2009年1月 [14]
2008年9月 [6]
2008年8月 [7]
2008年7月 [6]
2008年6月 [4]
2008年5月 [4]
2008年4月 [18]
2008年3月 [15]
2008年2月 [6]
2008年1月 [6]
2007年12月 [4]
2007年11月 [1]
2007年10月 [5]
2007年9月 [10]
2007年4月 [3]
2007年3月 [5]
2007年2月 [5]
2007年1月 [4]
2006年11月 [3]
2006年10月 [9]
2006年9月 [6]
2006年8月 [6]
2006年7月 [6]
2006年6月 [4]
2006年5月 [6]
2006年4月 [6]
2006年3月 [5]
2006年2月 [9]
2006年1月 [13]
2005年12月 [10]

インテリアコーディネーター目線でいろいろブログ ~楽しい暮らしをインテリアから~

2006年10月のブログ記事一覧

2006年10月29日

近場で現実逃避・・・

先日ですが、もうかれこれ人生の半分を知っている女友達と、ちょっと近場で
現実逃避してきました。

久しぶりに午後半休をいただいて、汐留にあるロイヤルパークホテルへ。


目的は、マンダラ・スパで日頃の疲れを癒そう〜!で、
スパに行くなら、せっかくだしお泊り、ということで。
ホテルの宿泊プランで、ボディトリートメント付きの"リラクゼーションプラン"。

スパやエステで、すっかりメイクを落としてリラックスした後に、
帰り道を気にして、またメイクするというのは、ちょっといただけない。

こういうリラックスはホテル内に限りますよね。

あとは、トリートメントが終わっても、ハイドロバスという、3種類のお風呂と
2種類のサウナがあるバスルームで、好きなだけウダウダ・・・

半日いても飽きなさそう!

ただエステだけに行くより、ホテルにトリートメントしに来るだけでも、
これだけウダウダできるならお得です。

あとは、やはりこういう仕事をしているせいか、ホテルのお部屋は気になります。



平日で空いていたのか、スタンダードツインのお部屋が、コーナーデラックスツインに!
フロントのお姉さん、ありがとうって感じです。



最近は、ベッドメイキングのスタイルが変わりましたね。
各ホテル、印象づけるカラーをベッドのカバーに使っています。



そして、いつも注目の水まわり。
見た目と使い勝手は違うものだな、なんて、やっぱり仕事のことを考えたりして・・・



夜は部屋から東京タワーが見えて、久しぶりにゆっくりと夜景を見ながらくつろいだのでした。


** こだわりの快適空間を私たちと一緒につくりませんか by L.C.A. infinity **

カテゴリー: 旅・食事・癒し・遊び・趣味など

2006年10月27日

固定式シャワーって、どう?

家のパーツを考え始めると、人それぞれの使い方、考え方が深く関わっていて、
毎回新しい発見と驚きがあり、楽しいお仕事をさせてもらっております。

今回はお風呂のシャワー。

ちょうどシャワーブースを検討しているときに、シャワーの設置方法についてお客様と
意見交換が始まりました。

日本では、当たり前のようにシャワーにホースがついていて、スライドバーなどは
高さが自由に変えられたりして便利です。

「固定式シャワーは?」と聞いてみました。
海外でのご経験が長いので、どうかな?と思い、まずはヒアリング。

日本では、プールサイドやビーチのそばにあるイメージが。とりあえず、体を流すといった様子です。

ネットで見ていると、海外旅行に行かれる方が、ホテルのお部屋の固定式シャワーを
気にしているみたいですね。小さいお子様がいるご家族が特に。。

するとすかさずお客様、「あれはキライです。」ときっぱり・・・
確かに、ホースだとシャワーヘッドを好きなところに動かせますが、固定式だと
自分がクルクル回らなきゃいけなくて・・・

足を上げてみたり、なんかシャワーの下でクネクネする自分が笑えます。

しかし、これだけだと不便に感じるけれど、普通のホースのシャワーともうひとつ
固定式のものがあると、バス・タイムも変わる!?

といっても、その固定式、プールサイドのものとは訳が違います!
だって、どちらかというと流すためではなく、スパにあるような『浴びる』ためのもの。
これこそ、快適ライフ、というもんです。

橋本さんと私達がいるle bainで、出会えます。

固定式シャワーも、不便かと思えば、リラックス効果目的のものもあったりして、またまた奥深い・・・


** こだわりの快適空間を私たちと一緒につくりませんか by L.C.A. infinity **




カテゴリー: 水まわりのデザインと設備

2006年10月24日

ゴミ箱は奥深い・・・

今、ゴミ箱にはまっています。。

いくつかの案件で、キッチン収納(壁面のキッチンカウンター)に収めるゴミ箱を検討中。

偶然にもキッチンプランが似ていて、キッチンの背面に上部は棚、下はカウンターと
家電収納と引き出し、そしてゴミ箱を収めます。

そのゴミ箱、考えれば考えるほどハマっていくのです。
それがなんとも楽しくて!

メインキッチンに向かって作業しているときに、どうやってゴミを捨てたいですか?

そのゴミ箱収納は、ワゴン式?扉付き?そして、ゴミ箱は・・・?

a. キャスター付きがいい。ゴミ箱を足元近くに持ってきたり、動かすのに便利。
b. ペダル式がいい。蓋を開けるのに汚れない。
c. 分別式がいい。
d. ゴミのさしこみ口がぶらんぶらんと動くものがいい。

要するに、振り向いて何回の作業でゴミを捨てれるか!
①扉を開け、
②蓋を開け、
③ゴミを捨てる。

これをいかに短縮するか。しかしゴミ箱自体に蓋がないと臭いとお客様は心配なご様子。
何かしら扉がないと、ゴミ箱がまる見えで気にする方もいらっしゃいます。

そんなことを考えながら、収納部分を検討中です。


** こだわりの快適空間を私たちと一緒につくりませんか by L.C.A. infinity **

カテゴリー: キッチンのデザインと設備

2006年10月19日

生ゴミはどこに置く?

只今、木造住宅のスケルトン・リフォームの最終プランニング中で、11月着工です。

キッチンプランの打合せをしている時に出た話題。

「生ゴミはどこに置く?」

(なんとなく)昔は、三角コーナーがあって、シンクの一角にためてました。
水切り網があって、調理が終わればそのままゴミ箱へポイッと捨てていた記憶が・・・
でも、意外とシンクが狭くなる。

そんな話題で、女性三人で生ゴミ・トーク。

「シンクの排水口にためる人もいますよね。」
「そうそう、あの排水の深い部分を三角コーナーがわりにする人!」
「え〜、私は三角コーナーも深い排水口もいらないわッ。大きいゴミ(キャベツの外側の
葉っぱとか・・・)は、シンク近くに置いた小さいビニル袋に直接入れて捨てるし、
細かい物だけ流れたときに排水口で受け止めてほしいから、浅いのでいい。」
「排水口が浅いと、シンク下のスペースが少しかもしれないけれど、深型のものよりは、
広く使えるのがいいわよね。」

新築マンション全体で、ディスポーザーを各戸に設置するケースも増えてきていますが、
生ごみ処理槽を設置しなければならないので、まだまだ普及してないようです。

みなさんのお宅ではどうしてますか?


** こだわりの快適空間を私たちと一緒につくりませんか by L.C.A. infinity **

カテゴリー: キッチンのデザインと設備

2006年10月15日

ティーパーティー

7月に完成し、お引渡ししたスケルトン・リフォームのお宅。
昨日は、ご家族からお昼間のひとときの"ティーパーティー"にお呼ばれしました。

家具が入り物が入って、新しい家に生活感が生まれていました。

他にお呼ばれされたお客様に、ご家族がお部屋を案内しながら
「この部屋はここをこだわったんですよ。」と、嬉しそうにご説明。

そしてみんなで、住まいの「こんなとこいいよね&あれって便利よね!」談義。

この仕事をしていて、一番嬉しいひとときです。




** こだわりの快適空間を私たちと一緒につくりませんか by L.C.A. infinity **

カテゴリー: リフォーム設計・インテリアコーディネート

2006年10月13日

体で測ってみる。

住宅情報ナビの『住まいのなんでも調査隊』が、ガラッとリニューアルしましたよ。
面白いキャラクターが勢ぞろいです。(ナンシーちゃんがセクシー!)

その第一弾が11日upしていたのを今日知りました・・・

大阪のおばちゃんが、
"平米"って言われたかてピンとこんわぁ。もっとわかりやすく教えたってぇ〜」、と。

そこで新メンバーの調査隊がやってきたのであります。

だったら体を使って測ってみよう!ということになり・・・

「部屋の広さを把握する方法を見つけ出せ!」

他にも私は、自分の手の大きさ(指を開いた親指から小指までの長さ)を利用したりしますね。
よくショップなどで、お皿とか・・・雑貨の大きさを知りたいときに使います。
いきなり、スケール出したら驚かれるので(笑)
ちなみに、18cmです。

あとは、親指と人差し指でL型を作ると、15cm。
手をグーにして、人差し指と中指と薬指の幅が、5cm。

あ、手ちっちゃいかも・・・


** こだわりの快適空間を私たちと一緒につくりませんか by L.C.A. infinity **

カテゴリー: コーディネーターのお仕事と交流

2006年10月12日

初・講義

インテリアコーディネートの知識が学べる短大として、今年の春に学科構成が新しくなった
昭和女子大学短期大学部に、今日は外部講師としてお招きいただき、
初めて"講義"というものをさせていただきました。

テーマは、女子大なだけに、このブログのタイトルと似て、
「女性の視点で考えるこれからの住まいづくりとリフォーム」

緊張しましたぁ。。。

セミナーや講演のような経験もなく、大勢の方の前でお話するのは初めて。
それどころか、"先生"と呼ばれるような立派な話もできないので、自身の体験談や
仕事のことをお話しました。

お客様とお話するのと違って、一方的にしかも大勢に向かってわかりやすく話をする、
というのは難しいですね。

勉強になりました。。

今後、女性建築家・コーディネーターがどんどん世に出て、お客様の視点にたって
家づくりをする人たちが増えればいいな、と学生の皆さんに期待大です。


** こだわりの快適空間を私たちと一緒につくりませんか by L.C.A. infinity **

カテゴリー: コーディネーターのお仕事と交流

2006年10月11日

きっかけは無料で・・・

家づくりやインテリアのこと、まず誰に聞いたらいいかわからない、
という方がたくさんいらっしゃいます。
ハウスメーカーさんやインテリアショップに行けば専属のコーディネーターがいるけれど・・・

自分自身も異業種からの転職組で、以前は住まいの知識が全くなかったからこそ、
何がわからなくて、何を知りたいのかがよく理解できます。

そこで、住まいを見直すきっかけとなればと考えて・・・

無料コンサルティング 始めます。→詳細

難しいことじゃなくても、
・リフォームって何から始めるの?
・水まわりはどうやってリフォームするの?
・ハウスメーカーと建築計画中だけど、他に商品を探したい!
・新築マンションを購入したけど、オプション会ではなく、もっとインテリアをじっくり考えたい。
・フリーのインテリアコーディネーターはどこで探すの?
                                    などなど

住まいづくりの漠然とした想いを、次の行動に移すチャンスになればと思います。

情報は、知らないより知ってからよく考えて検討し選択すれば、
住まいづくりも満足度がupしますよね。

「ちょっと聞いてみよう!」を受付中です。


** こだわりの快適空間を私たちと一緒につくりませんか by L.C.A. infinity **

カテゴリー: リフォーム設計・インテリアコーディネート

2006年10月 6日

洗濯機のルーツを知る。

築45年木造住宅の2階部分をスケルトン・リフォームします。
只今、プランニング最終段階です。

今回はお客様のこだわりで、キッチンの設備機器、洗濯機・乾燥機と、ミーレ製品をご指名。
「ずっと使っていて慣れているから。」
「機能がシンプルだから。」

設備メーカーさんが細かい機能で差別化をはかるなか、それらをお客様にご説明し、
ご提案する立場としては、「機能がシンプルだから」というのは、逆に衝撃を受けます。

お客様とミーレのショールームに出かけました。
そこで、営業さんからの洗濯機のお話を聞いて、勉強・・・

洗濯機のルーツは3種類に分かれていて、

ヨーロッパが、ドラム式。洗濯物が回転して落ちる「たたき洗い方式」。

アメリカが、攪拌(かくはん)式。中央に棒があって、それに巻きつけて、汚れを落とすタイプ。

日本が、水流式。ぶんぶん回って、水の流れで汚れを落とすタイプ。

そんな歴史があったようです・・・

日本もだいぶ節水式でドラム式が増えてきましたね。

ちなみに、ミーレの乾燥機。メニューで、乾燥度合いを調節できます。
物によってアイロンがけのことを考えて、フルに乾燥するのではなく、
霧吹きの水分の役目をするように、多少湿気を残しておく、というのもあります。感動。


** こだわりの快適空間を私たちと一緒につくりませんか by L.C.A. infinity **

カテゴリー: 水まわりのデザインと設備