ホーム  IC目線でいろいろブログ  2008年2月

  • メディア掲載
  • インテリアコーディネーター目線でいろいろブログ ~楽しい暮らしをインテリアから~
New Title
パネルカーテンで暖房効率アップへ
新築プロジェクト[2] ハウスメーカーさん取扱い商品を研究
新築プロジェクト[1] コンサルティングの新しいかたち
Sealyの新商品発表会
ホテルのように暮らすインテリア サイトリニューアルオープンしました。
Category
DIYレッスン [1]
le bain(ル・ベイン) [17]
インフォメーション [7]
キッチンのデザインと設備 [26]
コーディネーターのお仕事と交流 [50]
リフォーム設計・インテリアコーディネート [46]
収納家具・収納アイデア [21]
家具・造作家具 [25]
旅・食事・癒し・遊び・趣味など [28]
気になるあれこれ [31]
水まわりのデザインと設備 [57]
照明・アクセサリー・グリーンなど [17]
窓まわり・ファブリックス [23]
素材・建材・カラー [22]
街で気になるインテリア・建築・デザイン [14]
Archive
2013年2月 [2]
2013年1月 [1]
2012年12月 [1]
2012年11月 [1]
2012年10月 [3]
2012年7月 [2]
2012年6月 [1]
2012年5月 [1]
2012年2月 [1]
2012年1月 [4]
2011年6月 [1]
2011年5月 [1]
2010年11月 [2]
2010年10月 [3]
2010年9月 [3]
2010年7月 [2]
2010年6月 [7]
2010年5月 [5]
2010年4月 [3]
2010年3月 [1]
2010年2月 [4]
2010年1月 [3]
2009年11月 [3]
2009年10月 [13]
2009年9月 [4]
2009年8月 [7]
2009年7月 [4]
2009年6月 [10]
2009年5月 [9]
2009年4月 [3]
2009年3月 [6]
2009年2月 [14]
2009年1月 [14]
2008年9月 [6]
2008年8月 [7]
2008年7月 [6]
2008年6月 [4]
2008年5月 [4]
2008年4月 [18]
2008年3月 [15]
2008年2月 [6]
2008年1月 [6]
2007年12月 [4]
2007年11月 [1]
2007年10月 [5]
2007年9月 [10]
2007年4月 [3]
2007年3月 [5]
2007年2月 [5]
2007年1月 [4]
2006年11月 [3]
2006年10月 [9]
2006年9月 [6]
2006年8月 [6]
2006年7月 [6]
2006年6月 [4]
2006年5月 [6]
2006年4月 [6]
2006年3月 [5]
2006年2月 [9]
2006年1月 [13]
2005年12月 [10]

インテリアコーディネーター目線でいろいろブログ ~楽しい暮らしをインテリアから~

2008年2月のブログ記事一覧

2008年2月22日

ハンドソープは右側?左側?

みなさん、洗面カウンターやキッチンで、ハンドソープをどちらの手で押しますか?
(石鹸派だとソープディッシュの置き場所にちょっと関係します。)

ちなみに、私は左手で押して右手で受けます&右利き=ハンドソープは左側。

・・・でも、利き手って関係あるのかな?

テナントビルのトイレをデザインしていて、プロジェクトで参加してくださっている
パース担当の方とやりとりをしているときに出た話題です。

自分では無意識に水栓の左側にオートソープディスペンサーを図面に
描きこんでいたのですが、いろいろとパースの修正段階で、

「んッ?どっちだっけ?」と、事務所ではまたまたトークが炸裂。

スタッフSちゃんは、同じ右利きだけど、右手で押して左手受け。

再確認のため調べると、公共施設などはやっぱり水栓の左側にある。

当たり前だと思ってたこと・・・理由が知りたいです。

(TOTOより)

カテゴリー: 水まわりのデザインと設備

2008年2月20日

ペット専用の洗濯機

コーポラティブハウス新築計画中のお客様より、インテリアコンサルティングの
ご依頼をいただき、現在進行中。

お仕事内容は、生活面から動線や設備の使いやすさをアドバイスさせていただき、
お客様が設計図面では理解しきれない&気がつかない、家の中のあらゆることをチェックし、
設計士さんとお客様の間にたって"通訳&調整係"のようなかんじでしょうか・・・
案件がスムーズに進むように、お手伝いさせていただいています。

いろいろと打合せるなかで、ふむふむと思ったこと。

今回の物件は「ペット可」のおうち。
お客様もワンちゃんと一緒にお引越し予定です。

そう、洗濯機を2台とおっしゃって・・・

・・・なぜ?

ワンちゃんに使ったタオルなどを洗う洗濯機を専用に置く、というわけです。

なるほどね・・・
ペットと暮らしたことがない私、、初めて知りました。

そうですよね、ワンちゃんの毛がついていたり・・・洗濯機が別だと清潔です。

ワンちゃんにやさしいのか?人間にやさしいのか??と一瞬迷いましたが、
きっと両方にやさしいのでしょう。

このお話を聞いて和みましたから。

カテゴリー: 水まわりのデザインと設備

2008年2月15日

ショコラ+塩コショー

昨日はバレンタインでしたね。

贈る相手を考えながら、「喜んでくれるかな?」とワクワクしてプレゼントを
選ぶのは、いつでも楽しいものです。

バレンタインは特に男性もドキドキだと思うけれど、選ぶ女性も甘いものが大好き。
チョコレート・スイーツをみてるだけで幸せになります。

昨日は、スタッフSちゃんから「初めてです!女性にチョコレート渡すのは・・・」
と言われながら、バレンタインのおすそわけをいただきました。
わざわざ、買ってきてくれたそうです。嬉しい・・・

そのお返しではないけれど、ずっと気になっていた神楽坂の「K.VINCENT」のショコラをプレゼント。

フランスで修行された女性パティシエのお店。2006年に神楽坂にオープン。

あのJEAN-PAUL HEVINに長く勤務して、サロン・ド・ショコラ ジャポンでは、ジャン=ポール・エヴァン氏の助手も務めたそう。

美味しそうなショコラ&ケーキがたくさんあります。

昨日はさすがに混んでいました。厨房も忙しそうです。。

お目当ては「フォンダン・ショコラ」口溶けなめらかなショコラとか・・・

そして、その演出がずっと気になっていました。

〜フランス・ゲランド産の貴重な塩と、フランス産・挽きたての白コショーをパラパラっと振り掛ければ、甘いものが苦手な方でも召し上がれます。食前酒や食後酒のお供にも最高です。〜



さて、Sちゃんの反応は??
甘さが引き立つのかと思いきや、チョコレートと塩コショーは別々の風味を醸し出して「大人な感じ」なんだそうです。

私も食べてみますッ。

カテゴリー: 旅・食事・癒し・遊び・趣味など

2008年2月13日

洗面の水栓金具を選ぶとき〜その2〜

前回に引き続き、水栓のお話。

水栓金具の吐水部分と操作ハンドルがどこにあるか・・・これって重要です。

①水栓はどこから出てる?

カウンターに埋め込みのボウル、または置き型ボウルなら、
水栓はカウンター上かまたは壁から出るタイプが主流です。

ですが、どちらもハンドルを操作するときに、カウンター上なら水栓の根元あたりが、
壁出しならハンドルの下あたり、カウンターが水滴でぬれます。

ちょっとのことですが、気になるところです。












ボウルが置き型のタイプは、住宅でもそのデザイン性から選ばれるお客様が増えています。

以前泊まった汐留のロイヤルパークホテル。やっぱりブログにも書いてます。

>いつも注目の水まわり。見た目と使い勝手は違うものだな、なんて、やっぱり仕事のことを考えたりして・・・

そのとき感じたのは、深い置き型ボウルはカッコいいけれど、水栓のハンドルをつかむたびに、そのボウルから手を出すのが、ちょっぴり面倒・・・カウンターも水浸しだし。


それが嫌なら、置き型のボウルでも、埋め込みのタイプでも、ボウル自体に
水栓用の穴が開いていて、水栓が立ち上がっているタイプ・・・


であれば、水が垂れてもそれはボウルの中!ということで、気分的に
少しだけ楽になります。

あ、拭かなきゃ・・・って思って掃除する女性の視点にたって、ということで。

カテゴリー: 水まわりのデザインと設備

2008年2月 8日

洗面の水栓金具を選ぶとき〜その1〜

要するに「蛇口」です。
普通、こんなところに興味を持つ人は少ないのでしょうね。

しかし、洗面スペースをコーディネートしていて、
深くふかく・・・考えている自分に気づくわけです。

それが、お客様への説明&説得にもなるのですが[E:flair]

〜その1〜
“湯水混合のシングルレバー”
“hot&coldの2ハンドル”か。

今回プランニングのなかでも、お客様と何度かやり取りしました。

-「シングルレバーだと操作が簡単」
-「でも給湯器でお湯の温度設定ができるので、2ハンドルでもシビアに温度調節はしなくてよい」
>>スタッフSちゃん「でも顔洗ったりするのに(設定温度のお湯では)熱くないですか?」
-すかさず私、「でも慣れると“cold”をちょっとひねればいいので大丈夫よ」と経験者。

あぁ、だんだん今日の事務所の会話になってきました[E:sweat01]

そんな機能も考えるのですが、やっぱりデザインが選択の基準になるのかもしれません。

カテゴリー: 水まわりのデザインと設備

2008年2月 1日

高硬度人工大理石のキッチンシンク

ステンレスのシンクが主流だったのが、樹脂系シンクがどんどん出てきていますね。

TOTOさんのキッチン「CUISIA(キュイジア)」シリーズの、エポキシ樹脂の
クリスタルカウンターと一体になったシンクなどあります。

昨日は"もっと硬い人工大理石"のシンクをみてきました。

もともと合成樹脂の分野で強く、人工大理石カウンターなどを取り扱い、近年では
ヨーロッパにならって、樹脂素材開発のノウハウを生かしたこれからの
洗面スタイル空間を提案する吉本産業(株)さんの商品。



クォーツ(石英)成分を配合した独自の複合素材なんですって。
製品表面の硬度が非常に強固。だから、傷にも熱にも強い。

どれだけ??

ほとんど傷つかない。。とのお答え。

カウンターでも人工大理石だと、熱い鍋をおくのに気が引ける・・・
なんてことがありますが、そんなのおかまいなしで作業が可能。

色もホワイト・イエロー・グレー・オレンジとあって、マットな感触が可愛らしく感じます。

こちらもカウンターと一体になって、お掃除も簡単。

ちなみに、吉本産業さんの女性社員のほとんどが「ホワイトが好き」のご意見だったとか。

私もホワイトが好きですね。

シンクだけステンレスでも冷たい印象がありますが、カウンターと同じ素材だと温かみを感じます。

カテゴリー: キッチンのデザインと設備