ホーム  IC目線でいろいろブログ  2009年6月

  • メディア掲載
  • インテリアコーディネーター目線でいろいろブログ ~楽しい暮らしをインテリアから~
New Title
カラーファブリックをお部屋のアクセントに!
カーテンが短いときは生地を足してデザインもリニューアル!
洗面まわりのプチ・リフォームです。
細かいところに気を配ったバレエスタジオづくり
コンパクトなマンションでもLDスペースを快適にする!
Category
le bain(ル・ベイン) [17]
インフォメーション [4]
キッチンのデザインと設備 [23]
コーディネーターのお仕事と交流 [48]
リフォーム設計・インテリアコーディネート [43]
収納家具・収納アイデア [18]
家具・造作家具 [19]
旅・食事・癒し・遊び・趣味など [28]
気になるあれこれ [31]
水まわりのデザインと設備 [55]
照明・アクセサリー・グリーンなど [15]
窓まわり・ファブリックス [20]
素材・建材・カラー [19]
街で気になるインテリア・建築・デザイン [14]
Archive
2012年2月 [1]
2012年1月 [4]
2011年6月 [1]
2011年5月 [1]
2010年11月 [2]
2010年10月 [3]
2010年9月 [3]
2010年7月 [2]
2010年6月 [7]
2010年5月 [5]
2010年4月 [3]
2010年3月 [1]
2010年2月 [4]
2010年1月 [3]
2009年11月 [3]
2009年10月 [13]
2009年9月 [4]
2009年8月 [7]
2009年7月 [4]
2009年6月 [10]
2009年5月 [9]
2009年4月 [3]
2009年3月 [6]
2009年2月 [14]
2009年1月 [14]
2008年9月 [6]
2008年8月 [7]
2008年7月 [6]
2008年6月 [4]
2008年5月 [4]
2008年4月 [18]
2008年3月 [15]
2008年2月 [6]
2008年1月 [6]
2007年12月 [4]
2007年11月 [1]
2007年10月 [5]
2007年9月 [10]
2007年4月 [3]
2007年3月 [5]
2007年2月 [5]
2007年1月 [4]
2006年11月 [3]
2006年10月 [9]
2006年9月 [6]
2006年8月 [6]
2006年7月 [6]
2006年6月 [4]
2006年5月 [6]
2006年4月 [6]
2006年3月 [5]
2006年2月 [9]
2006年1月 [13]
2005年12月 [10]

インテリアコーディネーター目線でいろいろブログ ~楽しい暮らしをインテリアから~

2009年6月のブログ記事一覧

2009年6月30日

I love クランベリージュース

10年以上前、アメリカのフロリダに遊びに行ったとき、
初めて飲んだクランベリージュース。

真っ赤なルビー色で甘酸っぱくて・・・

アメリカのスーパーでは巨大ボトルに入って売られていて、
着色料満天・・・みたいな印象でしたが。。

当時東京で、カクテルに入ったものは飲んでいたか・・・記憶が曖昧です。

でもその頃、純粋にクランベリージュースだけを飲んだことはなかったと思います。

数年後、CMかなにかでクランベリージュースをみたとき、

「ついにきた〜〜〜〜」

と喜んだものです。

なので、お店や自販機でクランベリージュースを見つけると、どうしても買いたくなる衝動が・・・

本日、広尾駅の自販機で久々の再会。そんなことを思い出しました。




*L.C.A. infinity*
図面・間取図・写真をmailで送って無料相談 受付中>>>こちら

カテゴリー: 旅・食事・癒し・遊び・趣味など , 気になるあれこれ

2009年6月26日

まずは気分転換に徘徊

暑いです。真夏日です。
ちょっと外を歩くだけで額に汗が・・・

そんななか、つい先ほど打合せに出かけてきました。
イタリアンレストランで、トイレのリフォームのご相談でした。

店内もさることながら、トイレは現状でも素敵なデザインです。

今回は機能的なところを加えながら、より快適な空間にされたい、
というのがオーナー様のご希望。

トイレは小さなスペースではありますが、給排水や換気設備、電気等が
からむので大変です。デザインも含めて、これから整理します。

もうひとつ、只今プランニング中。

木造一戸建ての住宅で、まだまだ打合せはこれからですが、
全面スケルトンからのリノベーションになりそうです。

築年数もあり、外回りの修繕もしてなかったということで、
かなり大がかりになりそう・・・

今日はアイデアを絞りださなければ・・・

この作業、自分のコンディションを整えるのが大切なんです。
頭をスッキリさせて集中し、図面を見ながらその空間に入り込んでいかないと・・・

まずは楽しい気分にならないとダメです。
いいアイデアが浮かばない・・・

そんなときは、事務所があるle bain内を徘徊・・・

今日は、地下のショールームに明るい日差しが差し込んで、気持ちがいい!
パティオにある池の水面が、ガラスを通してショールームの床に映りこんでゆらゆらと・・・



少しボーっと眺めながら頭をリセット。
これなら、いいアイデアが出そうです[E:happy01]


*L.C.A. infinity*
図面・間取図・写真をmailで送って無料相談 受付中>>>こちら

カテゴリー: コーディネーターのお仕事と交流

2009年6月25日

わくわくするファブリックたち

今日は、いつもカーテンやシェード、インテリアアクセサリーの製作等で
お世話になっている『NEAT』さんのショールームで打合せ。

ショールームには、海外のあらゆるメーカーから選りすぐりのファブリックが並んでいます。



担当の西田さん、仕事のテンションが似ているというか、とても頼れる存在です。
恥ずかしがるのを無理やり座ってもらって撮影。。

先日から打合せしているクッションの製作も詳細決定しました。
リバーシブルで楽しむ、クッションが4個。

イギリスの「Harlequin」のファブリックからと、フジエテキスタイルの生地からつくります。

輸入生地は1mからのオーダーで、今回クッションを製作すると残布が出るため、
ボルスター(円筒形のクッション)も作ってしまおう!ということに・・・

そして、もうひとつ面白いものを西田さんが紹介してくれました。

防水加工され、通気性、撥水性に優れたクリプトン生地で職人さんが作った
オリジナルのバッグ。



これは、もともと椅子の張替え生地なのだとか・・・
耐久性バッチリです。

そう考えると、あんな柄、こんな色のファブリックは、たくさんの可能性がありますね〜

ちなみにこのバッグ、色違いもあって販売しているそうです。
ご興味あればぜひ。ご連絡はこちらで↓↓↓


*L.C.A. infinity*

カテゴリー: 窓まわり・ファブリックス

2009年6月24日

インテリアビジネスの未来を考える・・・

今日は、IC(インテリアコーディネーター)東京主催の交流会に参加してきました。

ロンドンで活躍されている日本人インテリアデザイナーの澤山乃莉子氏の特別講演、

『ロンドン・インテリアビジネスの最新事情』

と題して、いかに個人のインテリアデザイナーが仕事をとり、活躍できているのか、
とてもタメになる具体的なお話。

エンドユーザーは、家具を購入するにもまずはデザイナーに相談をする・・・
日本ではコーディネーターの立場のデザイナーにお願いするほうが、絶対に素敵な空間に
なることを知っているし、インテリアを失敗することはない、というとてもシンプルな理由。

路面店の家具ショップでも、取引の90%はデザイナーや建築家のプロとの取引なんだとか。

日本の路面店のインテリアショップで、店頭売りのみで業者取引はしておりません!
なんてのもあります。

素敵な空間をつくることはプロとして当然ですが、その前にコーディネーターとして、
エンドユーザーのご相談にのり、空間づくりの全ての責任を負える
環境と体力があるのかどうか・・・

お客様にも、取引するインテリア・家具メーカーにも、そしてビジネスとして自身のためにも、
きちんと利益が生まれないことには、お客様とコーディネーターが直接出会うチャンスは
なかなか増えません。。。

イギリスでは、インテリアデザイナーが安心して仕事ができるのも、
英国インテリアデザイン協会(BIDA)が活動をバックアップしてくれるから。

デザイナーのプロモーションや、認知度の向上、最新情報が入手できる
教育の場があったり、ビジネスで必要な法律的サポートもあるのだとか。

この協会のWebサイトで、エンドユーザーもデザイナーを直接探せるのだそうです。

デザイナーとして、ビジネスが成り立つ。
審査を通ってこの協会の会員になれば、最低でも年間1つのプロジェクトは仕事になる。

だから、デザイナーの会員メンバーは、年間会員費やWebのデザイナーズリストへの
掲載費を払ってでも、この協会メンバーでいるステイタスは大きいし、
ボランティアでもこの協会のお手伝いをするのだそうです。

上手にビジネスの仕組みが成り立っているんですね。

日本も見習っていかなくては!!


*L.C.A. infinity*

カテゴリー: コーディネーターのお仕事と交流

2009年6月21日

増えてほしいですね、木造ビル。

日曜日の午後、NHKの「SAVE THE FUTURE」の特集番組で

"グリーン・テクノロジーで未来を救え!"に見入ってしまいました。

最先端のエコ・プロジェクトばかり。

その中で「木造で高層ビルが立つ」というプレゼンはとても興味深いものでした。

技術は進化しています。

強度は、例えば柱の中心部分に鉄をつかったり、耐火性は番組のなかでは
詳しく説明はありませんでしたが、燃焼に耐えるコーティングをするなど、
ふむふむ・・・といったところ。

この木造ビル、日本では研究実験としてまだ2棟しかないそうです。

スウェーデンをはじめヨーロッパでは現実的に建築されているのだとか・・・

貴重な木材も、
高層ビルで100年使用し、
 ↓
解体後は、住宅に使用して100年
 ↓
また解体後は、チップなどパネルなどの材料で利用して100年
 ↓
最後は燃料となる

300年計画!!

木造建築物を増やすためにも、単純に木を伐採するのではなく、
きちんとした森林管理をすれば、環境にもやさしく、経済の活性化にもつながる。。

そういえば、日本は木の文化でしたよね。
建築の歴史をみても、すばらしい木造建築物がまだたくさん残っています。

未来をみつめてエコを考え、古いものも大切にしていきたいものです。


*L.C.A. infinity*

カテゴリー: 気になるあれこれ , 街で気になるインテリア・建築・デザイン

2009年6月17日

シェードが止まらない!動かない!

今日は、お客様から連絡があり、シェードの不具合対応に行ってきました。

操作は「コード式」なのですが、シェードを上げ下げしていると、
止めたいところで止まらなかったり、上にも下にも動かなくなってしまったりと、
なんともイライラする状況・・・

これは、コードが通る部品内の一部が磨耗してしまい、コードのストッパー機能が
きかなくなっているのが原因です。

サンゲツさんに来ていただきました。

↓メカの端にある部品を外してお取替え。







ご不便おかけしました。。


*L.C.A. infinity*

カテゴリー: 窓まわり・ファブリックス

2009年6月16日

リバーシブルで楽しむ

以前、木造の2階部分をスケルトンにして、全面的にリフォームしたお客様から
追加でいくつかインテリアアイテムのご依頼が。。

サイドテーブルとクッションがほしい、とのこと。

ソファに座っていると、飲み物やリモコンなど必要なときは、前かがみになって
リビングテーブルまで手を伸ばさなくてはなりません。

今回奥様ご希望のサイドテーブルとは、横からみるとコの字のかたち、
ソファの座面下にさしこめて、座っていても手が届く範囲に小さなテーブルを配置できます。

クッションは、ファブリックから選び、サイズ・形を決めて製作に入ります。

今回は、リバーシブルのものや、トランスペアレンスといって透け感のある生地を
無地のファブリックと重ねたり・・・いろいろです。

生地から選んでクッションを作る場合は、表と裏をそれぞれ選ぶと、
その日の気分で両面使えますよ〜

クッションはカラーや柄など、あそべるインテリアアイテムなので、
大胆なカラー&柄のものでも、リバーシブルならチャレンジできるのでは!


*L.C.A. infinity*

カテゴリー: 窓まわり・ファブリックス

2009年6月10日

フリーオーダープランのマンション

事務所のポストに「サンウッド松涛」という新しいマンションの案内が投函されていました。



一応、中を覗いてみると、なんだか嬉しい告知が。

「フリーオーダープラン」採用

やっぱりこれであってほしいと思います!!

間仕切りも内装もなにもないまっさらな物件を購入し、
オーナーの目的、ライフスタイルにあわせて、間取りも設備も、内装も、自由設計。

世界でひとつの自分だけの家[E:shine]

なかなか新築で、この自由設計ができるマンションはまだ少ないですが、
中古ならスケルトン(まっさらな空間)にして、同じことが可能です。

確かに解体費用が発生するのですが、立地条件のいい中古物件をみつけたら、
価値はあると思います。

中古物件も、オーナーとしてはできる限りきれいにして印象を良くし、売りたい!
というところですが、『自由設計』応援派としては、「そのまま、なにも触らずに売って〜!」
といいたいところです。


*L.C.A. infinity*

カテゴリー: 気になるあれこれ

2009年6月 5日

展示会でなぜ買えない?

ビックサイトで今日まで開催の『インテリア ライフスタイル展』に行ってきました。

インテリアグッズや家具、照明だけでなく、テーブルウェアからステーショナリー、
デザイン家電に至るまで、アイデアがいっぱい詰まった商品ばかりです。




目をひいたのは、四角い紙をホッチキスでひたすらとめて作ったデザインのブース。
なかには、和心あふれる商品が並んでいました。

そして・・・
こういう小さなプロダクトの展示会。
この展示会も商談を目的としており、バイヤーの方たちが、「○○を何個で・・・」と
オーダーする姿がよく見られましたが、
どうして、個人で「これをひとつ下さい」といった場合、売ってくれないのでしょうか。

“今見て気に入って、お支払いするからすぐ欲しい!!”
と思っているのに、その場で買えないとなると、気持ちが離れてしまいます。
いろいろと、流通ルート等、難しい問題があるのはわかりますが・・・

以前、アメリカ製品を輸入していた時、展示会に出展して紹介する際に、本社の社長から、
「どうして日本ではブースでクレジットカードの決済ができないの?」
と質問されたことがあります。

商談の場だから、小口でも大口でも契約にこぎつき、お客様が
即支払いしてくれるのであれば、そんないいことはない!
という単純な理由。

そのとき、すごくシンプルだな・・・と思ったのを覚えています。

今年もいくつかのブースで「これ買えますか?」とトライしてみましたが、
残念ながら全滅でした・・・


*L.C.A. infinity*

カテゴリー: 気になるあれこれ

2009年6月 1日

初めての日傘

生まれて初めて日傘を買いました。

今まで、どちらかというと"お日さまとお友達"的なアクティブ派でしたが、
そろそろ(・・・遅いですが)紫外線を気にしたほうがいいだろう、というわけで、
デパートの日傘コーナーへ。

店員さんの説明によると、毎年技術が進化していて、昨年機能では一番だった生地は
今年はもう販売されていない、というくらいどんどん新しいものが出ているそうです。

日傘の生地もカーテンのように「1級遮光」なんてものがあるんですね。
遮光性・UVカット率99.99%以上!?

「本当??」って思わず言ったら、
「信じてください・・・」って店員さんに言われちゃいました。

今まで、黒色が一番UVカットには最適といわれていましたが、
この1級遮光生地だとどんなカラーの日傘でも、機能は同じなんだそうです。

ちなみに、折りたたみ式を買いましたが、
傘をたたむ時、柄の部分は最後にしまったほうが、全体的に回転してたたみやすく、
柄をしまうときは、上から横からポンポンとたたくのではなく、
ひっくり返して、下からたたいて柄をしまうと、スッと簡単に入り、
骨組みにも負担がかからないそうです。


*L.C.A. infinity*

カテゴリー: 旅・食事・癒し・遊び・趣味など , 気になるあれこれ