ホーム  事例紹介  部屋ごとにコンセプトが違うリノベーション賃貸住宅

部屋ごとにコンセプトが違うリノベーション賃貸住宅

部屋ごとにコンセプトが違うリノベーション賃貸住宅
昭和44年築の賃貸物件9部屋をリノベーション。
部屋ごとにスケルトンリフォーム(間仕切壁、設備などを全て解体・撤去して躯体の状態からリフォームをする事)や部分リフォームを行い、間取りや設備を一新しました。 表面のリフォームだけで無く、それぞれの部屋の良さを最大限に活かしながら新たな価値を提供できるようにプランニングをしました。
提 案 内 容
リフォーム 設計デザイン(スケルトンリフォームによる間取り変更・在来浴室)、バス洗面トイレ設備選定、
キッチン設備選定、建具選定、収納計画、内装仕上げ選定、照明計画
スケルトンプラン(その1)
スケルトンリフォームで、間仕切壁を取り壊し広いワンルームへ。
壁を無くす事で開放感が生まれます。 収納は、元々あった押入れを取り壊し、賃貸住宅では贅沢な2ヶ所のクローゼットを作りました。
スケルトンプラン(その1)古く荒れていた内装やキッチン。
古く荒れていた内装やキッチン。
生活導線を考えたプランニングや、設備と内装を一新する事で空間が新たに生まれ変わりました。
デッドスペースにコンパクトな洗面ボウルを置くことで、機能的かつプラスの価値が生まれます。
押入れや部屋の間仕切りを無くし、広々としたプランを提案しました。
押入れや部屋の間仕切りを無くし、広々としたプランを提案しました。
、バスタブを撤去し海外のホテルの様なシャワールームにする事で空間に広がりが生まれました。
在来工法で作られた水まわり。狭い空間に押し込まれたバスタブが息苦しさを感じる空間でした。
そこで、バスタブを撤去し海外のホテルの様なシャワールームにする事で空間に広がりが生まれました。

スケルトンプラン(その2)
角部屋で広さはあるもののその広さを活かしきれていない間取りや、設備の古さを一新するためスケルトンリフォームを行いました。間取りの変更と共に、新たに洗面脱衣室を設けて洗面室と浴室を充実させ、キッチン、建具、クローゼット、水まわりの給排水管を変更しています。
間仕切壁を取り壊し、開放感のある空間へ。日当たりが劇的にかわりました。間仕切壁を取り壊し、開放感のある空間へ。日当たりが劇的にかわりました。
間仕切壁を取り壊し、開放感のある空間へ。日当たりが劇的にかわりました。
押入れを取り壊し、ワイド2500mm、高さ2300mmあるクローゼットを作りました。
押入れを取り壊し、ワイド2500mm、高さ2300mmあるクローゼットを作りました。
2人暮らしにも対応する大容量の収納に加え、使い勝手を考えたプランとなっています。
新たに洗面脱衣室兼ユーティリティールームになるスペースを作りました。明るく清潔感のある空間です。
設備も古く、寒々しい印象だったトイレ・浴室部分を単独の浴室(ユニットバス)にし、新たに洗面脱衣室兼ユーティリティールームになるスペースを作りました。明るく清潔感のある空間です。

猫が喜ぶキャットウォークプラン
猫を飼育できる部屋をつくり、そこにキャットウォークとキャットタワーを取り付けて、猫が部屋を回遊できるようにしました。
壁紙は、爪とぎをされても大丈夫なようにペット対応強化クロスにしています。
猫が喜ぶキャットウォークプラン猫が喜ぶキャットウォークプラン
賃貸住宅では、キャットウォークを造作する事は難しいですが、ターゲットを絞ったコンセプトのある部屋づくりをすることで、古い部屋も新たな価値が生まれます。
ホテルライクなバスルーム
暗くジメジメしたバスルームが一変して、明るく清潔感あふれる空間へ。
バスタブを残したプランは、シャワーカーテンではなくガラス戸を設け、ホテルライクなバスルームに生まれ変わりました。

ライティングを楽しむ部屋
日当たりが悪く、日中でも照明を点けないと暗い部屋でした。
欠点となる、日当たりの悪さを新たな価値になるようにご提案したプランです。
ライティングを楽しむ部屋 落ち着く空間を演出しています。
スケルトンリフォームで、間仕切壁を取り壊し、広いワンルームへ。
内装材は間接照明を活かすために、ダークカラーを選定して落ち着く空間を演出しています。

ウッドデッキを製作
部屋の床レベルとあわせてウッドデッキを製作し、隣戸の境界に壁を設置。内装のクロスと同色に仕上げています。
また、床面がフラットなためベランダを部屋の延長線上のように使用できます。
コーブ照明を設置。
コーブ照明を設置。
造作で間接照明を作り、天井の広がり感を得られるようにしました。

古さが目に付くキッチン。現代的な設備を入れる事で、部屋も蘇ります。
壁と床に、イタリア製タイルを使用。寒々しさがあった空間が明るい空間になりました。

お気軽にご連絡ください お問い合わせ